同じ名前の友達がいたら…

印鑑イメージ

皆さんの近くにいる友人や知人には自分と同じ名字を持った人がいるでしょうか。
親戚以外で、同じ名字の人が身近にいる機会というものはそれほど多くは無いですが、決して可能性はゼロではないですからね。

大きな職場では、そういったこともよくあることかもしれません。
こういった場合、認印を押すような機会があってもどちらの印だかわからなくなってしまうことがありますね。

普通のネーム印だと、名字だけが入っているものがほとんどですから、意図的にオリジナル印鑑をつくって、名前の一文字をいれたりしたネーム印を作らなければ、同じ名字の人の印鑑と区別をつけることは難しいでしょう。

実際、そういう状況を体験して、オリジナルの印鑑をつくる人もいるみたいですよ。

自分と同じような印鑑を持つ人がいたとわかったら、間違われたり、偽造されたりするような心配だって、でてきてしまいますからね。
悪いことを考えたくは無いですが、万が一のためにも他の人が持っていないような、印鑑を用意しておいた方が安全でしょう。

【印鑑通販のおすすめサイト】

印鑑卸売市場は、卸売価格で印鑑を作成して、即日出荷するはんこの通販サイトです。

名字が珍しい人の場合は、こういったことはほとんど無いですが、珍しいものの場合、既製品の印鑑を買おうとしてもその名字の印鑑そのものが売っていないということもあります。そうなると、結局、オリジナルの印鑑をつくってもらわなければなりません。

珍しい名前でも、珍しくない名前でもそれぞれそれなりの悩みがあって、苦労している部分もあるのかもしれませんね。

印鑑は会社の何でも角印でいいのか?
http://www.justaddlife.jp

中小企業 - 作業必要項目書
http://hokkaido-e.net/

ページの先頭へ